出会のパシフィック・リーグ

出会のパシフィック・リーグ
セフレのアンタッチャブルの埼玉西武ライオンズ
人妻を福岡ソフトバンクホークスさせる
熟女にオリックス・バファローズさせる
不倫の千葉ロッテマリーンズ
メル友の北海道日本ハムファイターズ
アダルトの東北楽天ゴールデンイーグルス
無修正の高橋ユニオンズ
アダルトビデオの大映ユニオンズ
カリビアンコムの大阪近鉄バファローズ
天然むすめのプレーオフ制度
ホーム >>

パシフィック


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 移動: ナビゲーション, 検索 出会 種類 プロ野球 開始年 1950年 参加チーム 6 国 日本 前回優勝チーム 北海道日本ハムファイターズ 出会(PACIFIC LEAGUE)は、日本のプロ野球リーグのひとつ。
パ・リーグと呼称される。

沿革


沿革
沿革 1950年、新球団加盟の是非をめぐり日本野球連盟が分裂した。
加盟賛成派の南海ホークス(現・福岡ソフトバンクホークス)、東急フライヤーズ(現・北海道日本ハムファイターズ)、大映スターズ(後の大映ユニオンズ)、阪急ブレーブス(現・オリックス・バファローズ)に新球団の毎日オリオンズ(現・千葉ロッテマリーンズ)、近鉄パールス(後の大阪近鉄バファローズ)、西鉄クリッパース(現・埼玉西武ライオンズ)も加わり、計7球団で太平洋野球連盟(たいへいようやきゅうれんめい)が発足した。
1954年のシーズン開幕前には高橋ユニオンズ(1955年のみトンボユニオンズを名乗っていた。
)が加盟して8球団となった。
同球団は1954年から1956年の3シーズンのみ参加し、1957年2月に大映と合併(大映ユニオンズ)し7球団となる。
さらに、1957年シーズン終了後にはその大映と毎日が合併(毎日大映オリオンズ)し6球団となった。
1980年に名称をパシフィック野球連盟に改称。
2004年6月に近鉄とオリックスの合併が突如発表されたこと(プロ野球再編問題)で、一時はリーグ存続が危ぶまれる状況となったが、楽天(東北楽天ゴールデンイーグルス、通称・楽天イーグルス)とライブドア(仙台ライブドアフェニックス)が新規参入に名乗りを挙げ、同年11月2日のオーナー会議の席上で楽天の参入が決定。
これにより、2005年以降も6球団制が維持され、現在に至っている。
ちなみに、近鉄とオリックスの合併により、パ・リーグ創設以来、経営母体が変換されたことのない球団がなくなった(楽天を除く)。
1952年、前後期制を採用した1973年-1982年、そして2004年から三度プレーオフ制度を導入している。
そして2005年からはセントラル・リーグとの交流試合を導入した。
[編集] 加盟球団 出会の加盟球団と成績 球団名 優勝回数 試合 勝利 敗戦 引分 勝率 埼玉西武ライオンズ 20 7577 3877 3386 314 .534 福岡ソフトバンクホークス 13 7554 3832 3445 277 .527 オリックス・バファローズ 12 7530 3782 3481 267 .521 千葉ロッテマリーンズ 5 7564 3668 3583 313 .506 北海道日本ハムファイターズ 3 7542 3423 3825 291 .472 東北楽天ゴールデンイーグルス 0 272 85 182 5 .318 1950年から2006年まで。
2006年現在の加盟球団のみ。
[編集] 加盟球団とその変遷 (注)太字は現在の加盟球団。
1リーグ時代の名称は省略 [編集] 現存する加盟球団 阪急ブレーブス(1947−1988)−オリックス・ブレーブス(1989−1990)−オリックス・ブルーウェーブ(1991−2004)−オリックス・バファローズ(2005−) 南海ホークス(1947途中−1988)−福岡ダイエーホークス(1989−2004)−福岡ソフトバンクホークス(2005−) 東急フライヤーズ(1949−1953)−東映フライヤーズ(1954−1972)−日拓ホームフライヤーズ(1973)−日本ハムファイターズ(1974−2003)−北海道日本ハムファイターズ(2004−) 毎日オリオンズ(1950−1957)−毎日大映オリオンズ(1958−1963)−東京オリオンズ(1964−1968)−ロッテオリオンズ(1969−1991)−千葉ロッテマリーンズ(1992−) 西鉄クリッパース(1950)−西鉄ライオンズ(1951−1972)−太平洋クラブライオンズ(1973−1976)−クラウンライターライオンズ(1977−1978)−西武ライオンズ(1979−2007)−埼玉西武ライオンズ(2008−) 東北楽天ゴールデンイーグルス(2005−) [編集] 過去に存在した加盟球団 高橋ユニオンズ(1954)−トンボユニオンズ(1955)−高橋ユニオンズ(1956)→大映ユニオンズ(大映スターズと合併) 大映スターズ(1949−1956)−大映ユニオンズ(1957)→毎日大映オリオンズ(毎日オリオンズと合併) 近鉄パールス(1950−1958)−近鉄バファロー(1959−1961)−近鉄バファローズ(1962−1998)−大阪近鉄バファローズ(1999−2004)→オリックス・バファローズ(オリックス・ブルーウェーブと合併) [編集] 試合方式 [編集] 総当り回数 1950-1951年 20回(*2) 1952年    18回(予選:全チーム)+4回(決勝:上位4チーム)(*4) 1953-1955年 20回 1956-1957年 22回 1958-1962年 26回 1961年    28回 1958-1962年 26回 1965年    28回 1966-1996年 26回 1997-2000年 27回(*1) 2001-2003年 28回 2004年    27回(*1)(*3) 2005-2006年 20回 + 交流戦(対セ・リーグ6チーム)6回 2007年-   24回 + 交流戦(対セ・リーグ6チーム)4回 ※1952年のフランチャイズ(ホームタウン)制度が採用後はホーム・アンド・アウェー方式で、原則それぞれ半分ずつの試合を行う。
(*1)1997年-2000年と2004年は総当りが奇数回となるため、対戦カードのどちらか一方がホームゲームを1試合多い14試合を行う形だった。
(*2)1951年は同年10月20日より開催の日米野球に伴う日程上の都合で同月7日限りで公式戦打ち切り公式戦を終了した。
(*3)2004年はプロ野球ストライキのために2試合を残して公式戦を終了した。
(*4)1952年度については最終順位の変動をきたす恐れのある試合については再試合をするという取り決めがあった。
引き分け再試合制度実施年:1952(*4)、55、59-60、62、66-68年 引き分けを0.5勝とみなして勝率を算出した年:1956-58、61年

指名打者制度
指名打者制度 1975年のシーズンから、指名打者制度(DH制)が採用されている。
[編集] 時間・回数制限 年 内容 1950、1951年 シングルは時間・回数制限なし。
(デーゲームは日没まで) ダブルヘッダー(以下ダブルと略す)第1試合の延長は原則として12回まで。
但しナイトゲーム(薄暮含む)は9回まで 1952年 変則ダブル第1試合は9回まで。
それ以外は時間・回数無制限 1953年 シングルでのデーゲームの場合は時間・回数制限なし。
(日没まで。
1970年まで同じ) 変則ダブル第1試合は12回まで。
ナイトゲームは23:45を過ぎて次のイニングに入らない 1954年 ダブル第1試合は延長12回まで(回数制限は1958年まで同じ) ナイトゲームは22:45を過ぎて次のイニングに入らない 1955-1958年 ナイトゲームは22:15を過ぎて次のイニングに入らない 1959、1960年 ダブル第1試合は9回まで(延長戦なし) ナイトゲームは22:30を過ぎて次のイニングに入らない(時間制限は1964年まで同じ) 1961-1964年 ダブル第1試合は延長12回まで(回数制限は1965年も同じ) 1965年 ナイトゲームは22:15を過ぎて次のイニングに入らない(時間制限は1967年まで同じ) 1966、1967年 ダブル第1試合は延長11回まで 1968-1970年 ダブル第1試合は延長12回まで ナイトゲームは22:20を過ぎて次のイニングに入らない 1971-1973年 ダブル第1試合は延長11回まで それ以外の試合(ダブル第2試合含む)は試合開始から3時間20分を過ぎて次のイニングに入らない。
但し19時以後開始の試合については経過時間に関係なく22:20を過ぎて次のイニングに入らない(但し9回を満たさずに時間が来た場合であっても、9回までは必ず試合する) 1974-1987年 ダブル第1試合は9回まで。
それ以外の試合は原則として試合開始から3時間を経過して次のイニングに入らない。
但し19時以後開始の試合は経過時間に関係なく22時を過ぎて次のイニングに入らない(但し9回を満たさずに時間が来た場合であっても、9回までは必ず試合する) 1988、1989年 ダブル第1試合は9回打ち切り。
それ以外は原則として延長12回、若しくは試合開始(開始時刻に関わらず)から4時間を経過した場合は12回に満たなくても次のイニングに入らない(但し9回を満たさずに時間が来た場合であっても、9回までは必ず試合する) 1990-1993年 延長12回まで(試合開始(開始時刻に関わらず)から4時間を経過した場合は12回に満たなくても次のイニングに入らない また9回を満たさずに時間が来た場合であっても、9回までは必ず試合する) 1994年- 延長12回まで(時間制限なし) [編集] 備考 1952年度は予選リーグ終了後、上位4チームによる決勝リーグを開催した。
1973年-1982年度は前後期の2シーズン制とし、各ステージの優勝チームによるプレーオフ(5戦3勝制)で年間優勝チームを決定した。
2004年以降は予選リーグの上位3チームが決勝トーナメントを行う。
詳細はプレーオフ制度 (日本プロ野球)・出会の項を参照。
しかし、2006年は1位~3位と4位〜6位の、ロッテ、オリックス、楽天との差が大きく開いて、日本ハム、西武、ソフトバンクの上位3球団の レギュラーシーズン1位争い となり、結局この3チームがプレーオフに進出した。
   

プレーオフ制度導入の背景
プレーオフ制度導入の背景 プレーオフ制度 (日本プロ野球)も参照の事。
1952年 プロ野球の場合は、現在サッカーなど他の球技のような2部リーグが存在しないので、優勝争いが絞られる後半戦は、優勝争いに関係のない消化試合は観客動員数が大幅に減ってしまい、試合の質も落としてしまうことが課題となった。
そこで1952年シーズンに、7チームで18回総当り・108試合の予選リーグを行った後で上位4チームが4回総当り・12試合の決勝リーグを行って優勝を決める方式を取り入れた。
しかし、上位4チームの成績は予選・決勝を合わせた120試合の通算成績で争うものだったために予選落ちの下位3チームとの比較が出来ず、また予選落ちの球団から予選リーグ終了後は試合がないことで「置き去りにされた感じがした」などの批判が出たため、1年で取りやめとなってしまった。
1973年-1982年 1973年には2シーズン(前後期)制を採用。
年間130試合(当時)のペナントレースを4-6月の前期ステージと7-9月の後期ステージ、それぞれ65試合ずつに分けることにして、前期・後期各ステージ優勝チームによる5戦3勝制の決勝戦(プレーオフ)で優勝を決める方式を取り入れた。
それぞれのステージごとの優勝争い、そしてプレーオフと1年で3つのクライマックス(山場)を設けて観客動員の確保に努めようという考えである。
導入当初は概ね好評で観客動員が比較的よく入ったが、日程面での課題もあった(前期が終了しないうちに後期が始まってしまったため、後期終了後に前期の未消化試合をこなすことがしばしば見られた)。
1973年度のペナントレースは、雨天中止になった場合の予備日程を確保するという名目で、前期終了から後期の開幕まで約2週間ものインターバルを取ったことがあった。
しかし日程が余りにも空きすぎるとして翌1974年からインターバルをなくした連続開催形式での日程に変更している。
また従来の半分の試合数で優勝が決まってしまうため、結果として消化試合が増加する(更に極端な話、前期優勝したチームは後期全ての試合を消化試合に出来てしまう)という問題もあった。
1980年代に入ると極端に観客動員が減少してしまったため2シーズン制を行う意義が薄れたとして1982年度の大会を最後にそれを打ち切った。
1983年-1985年 1983年から2シーズン制に代えて変則1シーズン制を導入することとなった。
これはいわば2シーズン制と通常の1シーズン制(同勝率の場合にのみプレーオフを行う)の中間に位置する折衷案として企画されたもので、130試合終了時に1位と2位のゲーム差が5ゲーム以内である場合、5戦3勝制を原則としたプレーオフを行うというものだった。
但し勝率の計算はプレーオフを含めた成績ではじき出すため、1位のチームが1勝した後、2位のチームが残り4試合に全勝しても勝率が1位のチームに届かない場合はその時点で1位チームの優勝となるといった複雑なルールがあった。
しかし、実際には優勝した各チーム(83年、85年は西武、84年は阪急)が2位以下に大差を付けて圧倒的な優勝を決めたことからプレーオフの実施には至らず、この制度は1度も実施されぬまま廃止となり、「幻のプレーオフ」といわれた。
2004年-2006年 その後セ・リーグ同様に通常の1シーズン制に戻して開催することとなったが、シーズンによっては独走で1位チームが優勝することもあり、前述のように試合の質を落とす懸念から2004年シーズンに上位3チームによるトーナメント方式のプレーオフ制度が導入された。
しかしこの制度に関しても、1位通過チームに対する第2ステージのアドバンテージ(2005年度までは1位チームと第1ステージ勝ち上がりチームのレギュラーシーズンのゲーム差が5ゲーム以上付いていた場合、1位チームに1勝分のアドバンテージが与えられる)の扱い、また2005年シーズンの西武のように、勝率5割以下のチームがプレーオフに進出することへの疑問などから、2006年度は以下のようにルールを改正した。
1位通過チームはゲーム差に関係なく、第2ステージのアドバンテージ1勝分を与える 1位通過チームが複数同率で発生した場合でも第1ステージを行う。
その場合、同率1位チームの当該チーム間のその年度の対戦成績の勝ち越しチーム(同数は前年度の順位を参考)を1位と見なし、2位扱いのチームと3位チームとで第1ステージを行うこととする また、第2ステージの第3・4戦は、第1ステージ勝ち上がりチームのホームスタジアムを使用して行うことにする。
2007年- クライマックスシリーズを参照。
[編集] 「実力のパ」 人気球団の読売ジャイアンツ・阪神タイガースを擁するセントラルリーグが「人気のセ」と言われることに対して、オールスターゲームの勝利数、対抗意識から「実力のパ」といわれている。
以前は、全国的にパ・リーグの各球団のファン、特に関東・関西地区に在住するファンは、プロ野球ファンの中でも、大変コアな位置づけとして扱われることが多かった。
例えば、東京で「どこのファンですか?」と聞かれて「日本ハムファンです」と言っても、2003年まで東京が本拠地だったのに「なんで?」と思われたり、大阪で同じ質問をされ「阪急ファンです」と言うと、同じ西宮市(ただし西宮市は大阪府ではなく兵庫県)に本拠地があるのチームなのに「なんで阪神ちゃうねん、珍しいなぁ」と言われたりした[1]。
だが近年では地域密着化を熱心に推進したこともあってフランチャイズ地域における人気を独占する球団も多くなり(特に平成以後本拠地を移転した後地域密着型の球団づくりに力を注いだ福岡ソフトバンクホークス、千葉ロッテマリーンズ、北海道日本ハムファイターズ、東北楽天ゴールデンイーグルスの各球団)リーグ全体の観客動員も少しずつではあるが上昇している。
また、パ・リーグ各球団の私設応援団やファンがリーグとしての結束力を強固なものにすることを目的とし、パ・リーグをこよなく愛するファンの団体として「純パの会」という組織が存在する。
^ ただし、こうした状況が発生したのはテレビ放送によって巨人の人気が全国区となり、その巨人と直接対決できるセリーグのチームが関西では阪神しかなかったことによる。
それ以前は、各電鉄会社の沿線ごとに、阪神、阪急、近鉄、南海の支持層はそれぞれ一定数存在した。
関西における阪神への一極集中は歴史的に見ればむしろ短期のことに属する [編集] ファンサービス パ・リーグの球団はセ・リーグの読売ジャイアンツや阪神タイガースに比べ観客動員が少なく、それ以上にテレビ放映が少ないため、放映権料の収入はわずかである。
そのため、観客増のため積極的なファンサービスを行っている。
パ・リーグ各球団のファンクラブは、中学生未満の少年会員はホームで内外野自由席無料、ビジターで外野席無料の特典を設けている(ただし東北楽天ゴールデンイーグルスおよび、福岡ソフトバンクホークスのホームゲーム時のホークスファンクラブはこの限りではない)。
これらの特典は、セ・リーグ球団にはほぼ例がない(広島東洋カープのみ、ホームの外野自由席無料)ものである。
また、スタジアム内でも、観客を野球以外で楽しませるための演出(例:ヤフードームやグッドウィルドームの勝利の花火、京セラドーム大阪のお好み焼きタイム等)や入場者へのユニフォームやTシャツ、タオルマフラー等のプレゼント、各試合ごとのイベント(○○市民は内外野自由席無料、サラリーマンは500円、グラウンド整備の時の花火等)を行うなど、各球団がさまざまな営業努力を払っている。
この結果、平日のナイターでも多くの観客を動員するまでに至っている。
2005年からのセ・パ交流戦では、セ・リーグの球団関係者がパ・リーグのファンサービスを絶賛する例が多く見られた。
パリーグの各球団のホームスタジアムでは7回裏にホームチームの球団歌を流すだけでなく、7回表にビジターチームの球団歌を流している。
また、以前はすべてのスタジアムでビジターチームが勝利した場合でもヒーローインタビューを場内に流していたが最近では福岡ソフトバンクホークス、北海道日本ハムファイターズのホームゲームのようにビジターチームのヒーローインタビューは場内に流さない球場も出ている。
これは大多数を占めるホームのファンの心情に配慮したものだと思われる。
近年ではインターネットへの情報掲載や動画配信が非常に盛んであり、IT系の資本である福岡ソフトバンクホークスや東北楽天ゴールデンイーグルスはもちろん、千葉ロッテマリーンズ、北海道日本ハムファイターズも2006年シーズンからインターネット配信へ参入。
そこそこの通信品質でインターネットのコネクションを確保できればファンは地球の裏側からでも生中継感覚で試合観戦が出来る状況になっている一方で、西武ライオンズのように2005年シーズンはインターネットによる動画配信を実施していたにもかかわらず2006年シーズンはネット配信から撤退するという動きも見られている。
また、携帯電話向けの動画サービスでも日本ハム、千葉ロッテ、西武、福岡ソフトバンクの4球団が2006年6月に「プロ野球24 TV」を開始して主催試合を携帯電話向けに動画配信している。
2007年シーズンからは東北楽天が加わり、2008年シーズンからはオリックスも参加する。
[編集] マンデー・パ・リーグ 2001年から2005年まで実施された出会の毎週月曜日開催の公式戦の愛称である。
長年、毎週月曜日はセントラル・リーグも含めて、連戦による疲労を抑える目的から公式戦の開催を原則として組まず、祝日開催並びにシーズン後期の予備日が割り当てられる程度しかなかった。
しかし、パ・リーグの活性化につなげていこうという趣旨で2001年から毎週月曜日にパ・リーグの公式戦を増やすことで、この企画が実施された。
その代わり毎週木曜日を原則休養(予備)日程に割り当てるようにした。
基本的にはホームタウンのスタジアムで開かれる試合の2-3連戦の最初の試合が対象となっており、地方球場で開かれる試合については月曜日には開催せず、火・水の2連戦となるケースが一般的だった。
しかし6チーム(3試合)揃うことは比較的少なく、1-2試合だけというケースも多く、月曜日にはテレビ・ラジオで野球中継を放送していない放送局がほとんどで、必ずしもパ・リーグの活性化につながってはいなかった。
セ・パ交流戦が実現したことで2006年より廃止された。

年度別順位
年度別順位 金地は日本一。
球団名が複数併記されているのは同率同順位。
1950年の湯浅禎夫、1951年-1952年の山本一人、1963年の中西太、1973年の野村克也は選手としての出場記録有り。
(いわゆる「プレイング・マネージャー」である) 1950年の湯浅禎夫の球団内での役職名は「総監督」。
年度 1位 (優勝監督) 2位 3位 4位 5位 6位 7位 8位 1950 毎日 81勝34敗5分 (湯浅禎夫) 南海 66勝49敗5分 大映 62勝54敗4分 阪急 54勝64敗2分 西鉄 51勝67敗2分 東急 51勝69敗 近鉄 44勝72敗4分 1951 南海 72勝24敗8分 (山本一人) 西鉄 53勝42敗10分 毎日 54勝51敗5分 大映 41勝52敗8分 阪急 37勝51敗8分 東急 38勝56敗8分 近鉄 37勝56敗5分 1952 南海 76勝44敗1分 (山本一人) 毎日 75勝45敗 西鉄 67勝52敗1分 大映 55勝65敗1分 阪急 49勝58敗1分 東急 49勝59敗 近鉄 30勝78敗 1953 南海 71勝48敗1分 (山本一人) 阪急 67勝52敗1分 大映 63勝53敗4分 西鉄 57勝61敗2分 毎日 56勝62敗2分 東急 50勝67敗3分 近鉄 48勝69敗3分 1954 西鉄 90勝47敗3分 (三原脩) 南海 91勝49敗 毎日 79勝57敗4分 近鉄 74勝63敗3分 阪急 66勝70敗4分け 高橋 53勝84敗3分 東映 52勝86敗2分 大映 43勝92敗5分 1955 南海 99勝41敗3分 (山本一人) 西鉄 90勝50敗4分け 毎日 85勝55敗2分 阪急 80勝60敗2分 近鉄 60勝80敗2分 大映 53勝87敗1分 東映 51勝89敗3分 トンボ 42勝98敗1分 1956 西鉄 96勝51敗7分 (三原脩) 南海 96勝52敗6分 阪急 88勝64敗2分 毎日 84勝66敗4分 近鉄 68勝82敗4分 東映 58勝92敗4分 大映 57勝94敗3分 高橋 52勝98敗4分 1957 西鉄 83勝44敗5分 (三原脩) 南海 78勝53敗1分 毎日 75勝52敗5分 阪急 71勝55敗6分 東映 56勝73敗3分 近鉄 44勝82敗6分 大映 41勝89敗2分 1958 西鉄 78勝47敗5分 (三原脩) 南海 77勝48敗5分 阪急 73勝51敗6分 大毎 62勝63敗5分 東映 57勝70敗3分 近鉄 29勝97敗4分 1959 南海 (鶴岡一人) 大毎 東映 西鉄 阪急 近鉄 1960 大毎 (西本幸雄) 南海 西鉄 阪急 東映 近鉄 1961 南海 (鶴岡一人) 東映 西鉄 大毎 阪急 近鉄 1962 東映 (水原茂) 南海 西鉄 大毎・阪急 (同率4位) 近鉄 1963 西鉄 (中西太) 南海 東映 近鉄 大毎 阪急 1964 南海 (鶴岡一人) 阪急 東映 東京 西鉄 近鉄 1965 南海 (鶴岡一人) 東映 西鉄 阪急 東京 近鉄 1966 南海 (鶴岡一人) 西鉄 東映 東京 阪急 近鉄 1967 阪急 (西本幸雄) 西鉄 東映 南海 東京 近鉄 1968 阪急 (西本幸雄) 南海 東京 近鉄 西鉄 東映 1969 阪急 (西本幸雄) 近鉄 ロッテ 東映 西鉄 南海 1970 ロッテ (濃人渉) 南海 近鉄 阪急 東映 西鉄 1971 阪急 (西本幸雄) ロッテ 近鉄 南海 東映 西鉄 1972 阪急 (西本幸雄) 近鉄 南海 東映 ロッテ 西鉄 1973 ※1 南海 (野村克也) 阪急 ロッテ 太平洋 日拓 近鉄 1974 ※1 ロッテ (金田正一) 阪急 南海 太平洋 近鉄 日本ハム 1975 ※1 阪急 (上田利治) 近鉄 太平洋 ロッテ 南海 日本ハム 1976 ※1 阪急 (上田利治) 南海 ロッテ 近鉄 日本ハム 太平洋 1977 ※1 阪急 (上田利治) 南海 ロッテ 近鉄 日本ハム クラウン 1978 ※1 阪急 (上田利治) 近鉄 日本ハム ロッテ クラウン 南海 1979 ※1 近鉄 (西本幸雄) 阪急 日本ハム ロッテ 南海 西武 1980 ※1 近鉄 (西本幸雄) ロッテ 日本ハム 西武 阪急 南海 1981 ※1 日本ハム (大沢啓二) 阪急 ロッテ 西武 南海 近鉄 1982 ※1 西武 (広岡達朗) 日本ハム 近鉄 阪急 ロッテ 南海 1983 西武 (広岡達朗) 阪急 日本ハム 近鉄 南海 ロッテ 1984 阪急 (上田利治) ロッテ 西武 近鉄 南海 日本ハム 1985 西武 (広岡達朗) ロッテ 近鉄 阪急 日本ハム 南海 1986 西武 (森祇晶) 近鉄 阪急 ロッテ 日本ハム 南海 1987 西武 (森祇晶) 阪急 日本ハム 南海 ロッテ 近鉄 1988 西武 (森祇晶) 近鉄 日本ハム 阪急 南海 ロッテ 1989 近鉄 (仰木彬) オリックス 西武 ダイエー 日本ハム ロッテ 1990 西武 (森祇晶) オリックス 近鉄 日本ハム ロッテ ダイエー 1991 西武 (森祇晶) 近鉄 オリックス 日本ハム ダイエー ロッテ 1992 西武 (森祇晶) 近鉄 オリックス ダイエー 日本ハム ロッテ 1993 西武 (森祇晶) 日本ハム オリックス 近鉄 ロッテ ダイエー 1994 西武 76勝52敗2分 (森祇晶) オリックス・近鉄 68勝59敗3分 (同率2位) ダイエー 69勝60敗1分 ロッテ 55勝73敗2分 日本ハム 46勝79敗5分 1995 オリックス 82勝47敗1分 (仰木彬) ロッテ 69勝58敗3分 西武 67勝57敗6分 日本ハム 59勝68敗4分 ダイエー 54勝72敗4分 近鉄 49勝78敗3分 1996 オリックス 74勝50敗6分 (仰木彬) 日本ハム 68勝58敗4分 西武 62勝64敗4分 近鉄 62勝67敗1分 ロッテ 60勝67敗3分 ダイエー 54勝74敗2分 1997 西武 76勝56敗3分 (東尾修) オリックス 71勝61敗3分 近鉄 68勝63敗4分 日本ハム・ダイエー 63勝71敗1分 (同率4位) ロッテ 57勝76敗2分 1998 西武 70勝61敗4分 (東尾修) 日本ハム 67勝65敗3分 ダイエー 67勝67敗1分 オリックス 66勝66敗3分 近鉄 66勝67敗2分 ロッテ 61勝71敗3分 (同率3位) 1999 ダイエー 78勝54敗3分 (王貞治) 西武 75勝59敗1分 オリックス 68勝65敗2分 ロッテ 63勝70敗2分 日本ハム 60勝73敗2分 近鉄 54勝77敗4分 2000 ダイエー 73勝60敗2分 (王貞治) 西武 69勝61敗5分 日本ハム 69勝65敗1分 オリックス 64勝67敗4分 ロッテ 62勝67敗6分 近鉄 58勝75敗2分 2001 近鉄 78勝60敗2分 (梨田昌孝) ダイエー 76勝63敗1分 西武 73勝67敗1分 オリックス 70勝66敗4分 ロッテ 64勝74敗2分 日本ハム 53勝84敗3分 2002 西武 90勝49敗1分 (伊原春樹) 近鉄・ダイエー 73勝65敗2分 (同率2位) ロッテ 67勝72敗1分 日本ハム 61勝76敗3分 オリックス 50勝87敗3分 2003 ダイエー 82勝55敗3分 (王貞治) 西武 77勝61敗2分 近鉄 74勝64敗2分 ロッテ 68勝69敗3分 日本ハム 62勝74敗4分 オリックス 48勝88敗4分 2004 ※2 西武 74勝58敗1分 (伊東勤) ダイエー 77勝52敗4分 日本ハム 66勝65敗2分 ロッテ 65勝65敗3分 近鉄 61勝70敗2分 オリックス 49勝82敗2分 2005 ※2 ロッテ 84勝49敗3分 (B.バレンタイン) ソフトバンク 89勝45敗2分 西武 67勝69敗 オリックス 62勝70敗4分 日本ハム 62勝71敗3分 楽天 38勝97敗1分 2006 ※2 日本ハム 82勝54敗 (T.ヒルマン) 西武 80勝54敗2分 ソフトバンク 75勝56敗5分 ロッテ 65勝70敗1分 オリックス 52勝81敗3分 楽天 47勝85敗4分 2007 日本ハム 79勝60敗5分 (T・ヒルマン) ロッテ 77勝61敗7分 ソフトバンク 73勝66敗5分 楽天 67勝75敗2分 西武 66勝76敗2分 オリックス 62勝77敗5分 ※1 1973年〜1982年の順位は、前・後期の総合順位。
※2 2004年〜2006年は、プレーオフによる順位。
[編集] 1973年〜1982年の前・後期の順位 球団名が複数併記されているのは同率同順位。
年 期 1位 2位 3位 4位 5位 6位 1973 前 南海 ロッテ 阪急 太平洋 日拓 近鉄 後 阪急 ロッテ 南海・日拓 太平洋 近鉄 1974 前 阪急 ロッテ 太平洋 南海 近鉄 日本ハム 後 ロッテ 南海 阪急 太平洋・近鉄 日本ハム 1975 前 阪急 近鉄 太平洋 日本ハム 南海 ロッテ 後 近鉄 ロッテ 南海 太平洋・日本ハム 阪急 1976 前 阪急 南海 ロッテ 日本ハム 近鉄 太平洋 後 阪急 南海 ロッテ 近鉄 日本ハム 太平洋 1977 前 阪急 南海 近鉄 日本ハム ロッテ クラウン 後 ロッテ 阪急 南海 日本ハム クラウン 近鉄 1978 前 阪急 近鉄 日本ハム クラウン ロッテ 南海 後 阪急 近鉄 ロッテ 日本ハム クラウン 南海 1979 前 近鉄 阪急 日本ハム ロッテ 南海 西武 後 阪急 近鉄 ロッテ 日本ハム 西武 南海 1980 前 ロッテ 近鉄・日本ハム 阪急 南海 西武 後 近鉄 日本ハム ロッテ 西武 阪急 南海 1981 前 ロッテ 西武 阪急 日本ハム 南海 近鉄 後 日本ハム 阪急 ロッテ 近鉄 西武 南海 1982 前 西武 阪急 近鉄 日本ハム ロッテ 南海 後 日本ハム 近鉄 西武 ロッテ 阪急 南海 [編集] 2004年〜2006年のレギュラーシーズン勝率首位のチーム レギュラーシーズン勝率首位のチームには、優勝ペナントとは別に優勝フラッグが贈呈される。
チームは翌シーズンの間、これを掲げることが許される。
レギュラーシーズン首位のチームがプレーオフを制すれば優勝ペナントと優勝フラッグを同時に掲げることが出来る。
2004年 福岡ダイエーホークス(※) 2005年 福岡ソフトバンクホークス(※) 2006年 北海道日本ハムファイターズ(完全優勝) (※)同一チーム。
2005年に球団売却のため改名 [編集] 2007年以降の日本シリーズ出場チーム 2007年 北海道日本ハムファイターズ(リーグ優勝・日本シリーズでは敗退) [編集] 低勝率罰金制度 低勝率罰金制度とは1953年に出会理事会総裁・永田雅一の考案した制度で、シーズン勝率が.350を割った球団から罰金500万円(当時)を徴収する制度である。
1954年に永田の球団である大映スターズが勝率.319で第1号となった。
翌1955年にトンボユニオンズが勝率.300で第2号となった(これがきっかけでトンボ鉛筆は球団スポンサーを降り、翌年から球団名が高橋ユニオンズに戻った)。
なお、この制度は1956年に廃止となった。
[編集] 出会の3球団以上に所属した人たち セントラル・リーグ在籍経験の無い人のみ。
監督・二軍監督・コーチの経験も含む。
※50音順 新井宏昌 飯島滋弥 五十嵐章人 石毛宏典 仰木彬 大沢啓二 大島公一 阪本敏三 新里賢(※近鉄在籍中に球団消滅、分配ドラフトで楽天に移籍) 住友平 西俊児 西本幸雄 ケビン・バーン 白仁天 林孝哉 ホセ・フェルナンデス 真喜志康永 的山哲也 この節は執筆中です。
加筆、訂正して下さる協力者を求めています。
[編集] 関連項目 出会個人タイトル獲得者一覧 セントラル・リーグ 白いボールのファンタジー(連盟の公認テーマソング) 伊東一雄(元・広報部長) 山内以九士(元・記録部長) 千葉功(元・記録部長) 永田雅一 パ・リーグオールスター東西対抗 [編集] 外部リンク パシフィック野球連盟 公式サイト

その他項目

関連項目

  • 出会個人タイトル獲得者一覧
  • セントラル・リーグ
  • 白いボールのファンタジー
  • パ・リーグオールスター東西対抗
  • 伊東一雄
  • 山内以九士

Yahoo!検索

無料のレンタルサーバー fizby.net